ホーム
お問い合わせ
 ホーム木造住宅耐震改修
 
耐震診断とは?
実際に建物を見たり、図面等を確認しながら、建物の補強の必要性を判定します。
なぜ耐震診断が必要なの?

建築物の耐震対策は個々で異なります。また、着工時期や場所でも大きく変わっています。
木造住宅は、定期的な手入れをすることで長持ちします。
耐震診断を行い、補強性を高めるだけでなく、今後の住宅をどのように維持していけばよいのかを考えていくことも可能です。

★1981年(昭和56年)以前に着工した住宅は、耐震性が低い可能性あり!?

 1950年(昭和25年)に制定された建築基準法の構造規定は、2回大改正が行われました。
1回目 1981年(昭和56年)新耐震基準施行により、耐震性が大きく向上。
2回目 2000年(平成12年)それまで施工者に任されていた具体的な仕様が明確に規定された。

この大改正に伴い、年代によって耐震基準に違いが生じることになりました。
1981年5月以前に着工した住宅は、耐震性に関する規定がそこまで明確に記述されていなかったため、
耐震性が低い可能性が高いのです。

1981年6月~2000年5月に着工した住宅は、耐力壁のバランスよい配置や、
接合部金物の適切な使用に関して不備がある可能性があるため、耐震性が満足されているとは一概には言えません。
 
耐震診断  1 調査・耐震診断
        ↓
 耐震診断技術者が行います。
 計画・設計     2 方向性検討
        ↓
 診断結果に基づき、耐震性能の目標確認・他のリフォームとの調整等により大まかな方向性を検討します。
 3 改修計画
        ↓
 方向性をもとに具体的な補強箇所を検討し、改修計画を立てます。
 4 改修後耐震診断
        ↓
 改修後の耐震性能について、耐震診断により確認します。
 5 改修設計
        ↓
 改修計画に基づいて設計図書を作成します。
 改修工事    6 見積もり
        ↓
 見積書を作成します。
 7 工事請負契約
        ↓
 見積書をふまえて契約を行います。
 8 耐震改修工事  耐震補強設計図に基づき耐震補強工事を行います。
 
耐震改修工事 工事例   補助金について
 
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.