ホーム
お問い合わせ
 ホーム気密ダイライト構法
 
気密ダイライト構法とは
気密ダイライト構法とは、従来のダイライト構法の基本性能をそのままに、気密性をプラスした構法です。
次世代省エネルギー基準(省エネルギー対策等級4)に対応しています。
 7つの特長
気密ダイライト構法の特長を7つに分けてご紹介していきます。
 1.高い気密性
部屋を取り囲む内装下地材が隙間の少ない構造をつくりだします。
さらに、空気漏れの原因となっていた床と壁、天井と壁が接する部分に、特別に開発された専用気密部材の気密巾木、気密回り縁を施工することにより小さな隙間をふさぎ気密性能を高めます。
 2.高い断熱性
外壁の内部に筋交いを入れないため、性能の高い断熱材を壁内部にしっかりおさめることが可能になり住まいの断熱性能を向上させます。
また、床・壁・天井をすっぽりと断熱材でくるむことにより内部が魔法瓶と同じ状態になり、冷暖房の効果が高まって冬暖かく夏涼しい快適な室内環境が実現できます。
 3.結露を防ぐ
壁内部の結露は断熱材の効果を低下させやがては住まいの躯体を腐らせてしまいます。
また、断熱性能を高めるために断熱材の厚みが増すと内部結露が発生しやすくなります。そこで、気密ダイライト構法は外壁通気構法を採用し防湿材で湿気の流入を防ぎ、いったん壁内部に侵入した湿気を外壁下地材のダイライトを使用することでスムーズに外部に放出します。
 4.快適な住み心地
気密ダイライト構法は自然状態において、夏は日射熱の影響を受けにくいため室内の温度変化が小さく冬は冷たい外気の影響を受けにくいため室内が暖かくなっています。
また、気密性が高いことから足下より吹き込む不快なすきま風も減少し、室内の高低温度差や室間の温度差が小さくなるため一年中快適な生活を送ることができます。
 5.間取りが自由
外壁下地材のダイライトMSは、壁倍率が2.5倍(9mm厚)~3.0倍(12mm厚)と高強度のため家を支えるために必要な外壁や間仕切り壁が少なくてすみます。そのため開放的な大きな窓や思い切った広々空間がプランニングできるので、家族の成長に合わせてゆとりの大空間からプライベートの個室へと自在に変更することも可能となります。
 6.安全な新素材
外壁を構成する耐力面材ダイライトは、独自の技術により自然界の無機質材料を有効活用した画期的な新素材です。
高強度・防耐火・高耐久などの強さに加え、住む人の健康や自然環境にもやさしく配慮されています。
ダイライトは腐りにくく、白蟻が食糧とする成分を含んでいない無機質素材なので、防蟻性にも優れています。
 7.環境に優しい
建物のあちらこちらに隙間があると冷暖房の効きが悪くなり、電気料金などの思わぬ出費につながります。
気密ダイライト構法の家であれば電気料金が一般的な住宅の約半分になります。また、エネルギー消費の節約はCO2削減に貢献し地球温暖化防止にも役立ちます。

【当社施工事例】

(参考サイト「大建工業株式会社」)
詳しくは、大建工業株式会社のホームページをご覧下さい ⇨ 
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.