ホーム
お問い合わせ
 ホーム日本建築
 
日本建築
日本建築は、伝統的には中国建築の一支流として位置づけられていて、その主流が木造建築を占める。柱や梁など直線的な材料で組み立てた構造となるが、木材の露出部を彩色する中国建築に対して、日本建築は白木のままを基本とするなど、中国とは異なる特質をしている。

一方、西欧諸国などの外国の建築は、レンガ造や石造のものが多く、壁を主体とする面的な構成をとるのに対して、日本建築は線的な構成となる。入口や窓などの開口部を例にとれば、西洋諸国では湾曲するアーチでせり上げるのが通例に対して、日本建築では、その上部に楣と呼ぶ水平材を置いている。いわば、西欧諸国の建築は「積み上げ式」であり、日本建築は「組み立て式」である。

また、日本は古くから建築用木材に恵まれていたが、巨材を挽く鋸がなく、製材上の工具に難があったため、専ら木目に楔を打ち込んで裂き割る方法がとられた。そのため、平滑に裂けやすく耐用年数も長い「ヒノキ」が多用された。室町時代中期に大鋸が用いられるようになり、各種木材の製材が容易になったため、中世以降では「マツ」、近世以降では「スギ」が住宅の用材として利用されている。
【宇和町 H院】  ※当社施工
 日本建築の歴史
時代と共に移り変わった日本建築ですが、現在の建物にもその面影は残っています。もう一度、日本建築の良さ、日本特有の『和』を見直してみませんか。
 縄文時代/竪穴式住居
竪穴式住居は、地面に50cmほどの穴を掘り下げ、その中に複数の柱を建て、梁や垂木をつなぎ合わせて円錐形に骨組みをつくり、その上から土や葦などの植物を利用して屋根を葺いた建物です。
 弥生・古墳時代/高床式倉庫
高床式倉庫は、竪穴式住居とは違って地上に高くつくられていて、建物内が乾燥するため、倉庫のみならず、住居としても建てられるようになりました。また、古墳時代には壁にかまどを設けるようになります。
 飛鳥・奈良時代/寺院建築
6世紀中頃、本格的な寺院建築として飛鳥寺が起工。朝鮮半島や中国から建築技術を取り入れた時期で、在来の堀立柱の建物とは全く違った礎石建ちの工法がとられました。それは、直線的な造形の素朴な建築に比べると、非常な技術的格差でした。
 平安時代/和様・寝殿造
建築様式も日本化し、柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間の仏堂が造られるようになり、日本独自の形態として発展しました。この建築様式を「和様」といいます。また、貴族住宅の様式として「寝殿造」と呼ばれる建物が建てられました。
 鎌倉時代/新和様・武家造
新しく中国の大仏様、禅宗様の建築様式が導入され、日本建築は著しく発展しました。大量生産が可能なよう部材を標準化、建物の強度を図るため、柱は貫で連結し、屋根は野屋根をつくらず勾配の強い屋根としました。また、軒も一軒とし、軒の隅は扇垂木として放射線状におさめました。この様式は、「新和様」と呼ばれ広く普及しました。同じ頃、武家住宅の様式として「武家造」と呼ばれる建物が建てられました。
 室町時代/書院造
室町時代中期以降に、住宅の様式として「書院造」が成立しました。建物の内部を引戸建具や壁で幾つかに仕切り、天井を張り、床の間、違い棚、付書院などの座敷飾りを客間に備えました。また、敷地を含み客を迎え入れる所と、家族が普段の生活をする所に分けられていて、構造としては、角柱に貫や桁、長押などの角材を用いた軸組構造となっています。
 安土・桃山時代/城郭・茶室
室町時代の末期から城郭建築が発展し、権力のシンボル的な天守閣が築かれ、御殿は華麗な障壁画で装飾されました。また、室町時代に始まった茶の湯が千利休によって大成され、茶室(庭園に面した別棟として造られた小規模な建物)が生まれました。
 江戸時代/数寄屋造
安土桃山時代に大成した茶室を取り入れた住宅の様式を「数寄屋造」といいます。数寄屋建築は、書院建築が重んじた格式や様式を極力排しているのが特徴で、虚飾を嫌い、内面を磨いて客をもてなすという茶人たちの精神性を反映し、シンプルながらも洗練された意匠となっています。
 明治時代/洋風・和風住宅
江戸時代では、住宅も身分による統制が行われていましたが、明治時代になると、建築に関する封建的な規制もなくなり、資力に応じて住宅を造るようになりました。アメリカなどと修好通商条約を結んでからは、西洋建築の技術にも刺激され、大工道具の質も上がり、建築の質は全体に向上していきました。この時代に洋風住宅に住んでいたのは、政治家や実業家など限られた人で、ほとんどは和風住宅に住んでいました。また、公共建築でも日本人独自の擬洋風建築が始められました。
 大正時代/文化住宅
日本において建築とは、まず近代化のために西洋から学ぶべき技術として捉えられ、芸術や美術として捉える意識が薄くなりました。また、関東大震災などで大きな被害を受けたことから、日本独自の耐震構造技術への関心が高まりました。そして、大正時代では洋風の生活に憧れ、一部洋風を取り入れた和洋折衷の文化住宅が都市郊外に多く造られるようになりました。しかし、家の中では靴を脱ぎ、畳でくつろぐといった生活スタイルは、ほとんど変わることがありませんでした。
 昭和時代/モダニズム建築
明治から大正時代に伝えられた鉄筋コンクリート造の使用が一般的になり、各地にモダニズムの公共施設が建設されました。地震の多いことが日本の課題でしたが、耐震構造技術が進み、かつては31mに制限されていた規制も緩和され、超高層建築が建てられるようになりました。この頃住宅は、ダイニングキッチンなどが新たに工夫されました。
(参考サイト「Wikipedia」)
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.