ホーム
お問い合わせ
 ホーム在来工法
 
在来工法
在来工法とは、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化し発展させた構法で、木造軸組構法ともいいます。
伝統工法は、壁量に頼らず、太い木材を使用して木組みすることで耐力を生み出していましたが、現在の在来工法は、戦後に太い木材が入手困難となったため、筋交いおよびそれに伴う付属金物などを入れることで壁量を確保して耐力を生み出しています。
在来工法は軸で支える構造のため、壁の配置に規制が少なく、大きな開口部をつくれるので、通風や採光に優れた間取りにすることができます。また、増改築が容易で、使用する木材によって予算も柔軟に調整できます。
 在来工法の構成要素
柱を立てて桁を支え、その桁に梁を架けて主要な構造としている在来工法は、道具や木材加工技術の進歩と共に、継手・仕口など、ほぞ・ほぞ穴を利用した接合方法が用いられるようになった伝統工法を受け継いでいます。しかし、伝統工法が粘りで揺れを吸収する「柔構造」であるのに対して、在来工法は揺れを受け止める「剛構造」と異なる点も多くなっています。在来工法の主要な構成要素は以下の3つに分けられます。
 基礎・土台部分
鉄筋とコンクリートで「基礎」を構築します。「土台」と呼ばれる横材をアンカーボルトで固定し、ほぞ穴を設けて柱を接合します。
当社では、布基礎ではなく「ベタ基礎」を採用しています。床板一面が鉄筋コンクリートになっていますので、湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。
 主要部分
柱を立てて桁を支え、その桁に梁を架けます。それらの接合方法は、継手・仕口といったほぞ・ほぞ穴によるものを基本としています。さらに、接合部分をかど金物や羽子板ボルトなどの接続金物で補強して強度を高めます。
 小屋組部分
梁の上に束を立てて母屋と棟木を支え、さらに垂木を取り付けて屋根を葺く構造を形成することを「小屋組」と呼びます。
屋根構造は主に「和小屋」と「洋小屋」の2つがあり、さらに和小屋には、柱の上に直接小屋梁を架け、その上に軒桁を渡す「折置組」と、柱の上に軒桁を渡し小屋梁を架ける「京呂組」があります。当社では、京呂組を採用しています。
(参考サイト「Wikipedia」)
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.