ホーム
お問い合わせ
 ホーム木のページ木の弱点
 
 材質にバラツキがある
木は生き物なので、同じ樹種でも産地や生育条件によって材質にバラツキが生じます。そこで、材の個性を見極め、適材適所に使い分けをします。
 縮む・反る・割れる
木は乾燥すると縮む性質があり、反ったり割れたりして変形することがあります。そこで、十分に乾燥させた材を使うことがポイントです。
 環境が悪いと腐りやすい
木は湿った状態のまま保たれると腐る心配があります。そこで、通気性を良くして家を湿気から守り、床下には腐りにくい材を選びます。
 シロアリに食われやすい
木材の内部を食い荒らすシロアリ被害の原因はやはり湿気です。そこで、床下の地面に薬剤処理をしたり、コンクリートで覆うなどの防止策を講じます。また、土台や地盤面から1m部分に防腐防蟻処理も施します。
 
木のページ
 
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.