ホーム
お問い合わせ
 ホーム木のページ木の種類
 
 針葉樹
材 種 産 地 特 徴
ヒノキ(檜) 本州中部から四国、九州に分布 耐水・耐久性に優れ、防虫効果も高い。狂いが少なく加工しやすいことから幅広く使われている。
スギ(杉) 本州北部から九州に分布 特有の香りと木目の美しさから、ヒノキと並んで親しまれている。
マツ(松) 本州北部から四国、九州に分布 曲げに対して強いため、主に梁や桁などの横架材に使われている。
ヒバ(檜葉) 北海道南部から本州、四国、九州に分布 特有の香りと抗菌作用の高い成分により、水にも虫にも強い。
サワラ(椹) 本州北部、中部から九州に分布 殺ダニ効果を持つ成分が含まれ、ヒノキより軟らかいため、内装材、造作材などに使われている。
ベイマツ(米松) 北米大陸西部に分布 海岸地域は軽軟、山岳地域は重硬な木質で、耐久性があるため、主に梁などに使われている。
 広葉樹
材 種 産 地 特 徴 
シナ(榀) 北海道、本州、四国、九州に分布 軽軟で乾燥・加工が容易である。主に合板用材、塗装の下地材に使用されている。
ケヤキ(欅) 本州、四国、九州に分布 木目がはっきりしていて力強い印象を与え、非常に重堅であり、大黒柱に使われている。
ナラ(楢) 北海道から本州、四国、九州に分布 乾燥や加工面で技術力を求められるが、重堅で虫にも強く、洋風な雰囲気を醸し出している。
ブナ(山毛欅) 北海道南部から本州、四国、九州に分布 水分が多いため、十分に乾燥させた材を用いる。フローリング、窓枠などに使われている。
サクラ(桜) 本州、四国に分布 重硬で強靱な木質のため、狂いが少なく耐久性が高い。加工性、着色生に優れている。
キリ(桐) 北海道南部に分布 日本の木材で最も軽く加工が容易で、湿気にも強いため、家具材などに使われている。
 
木のページ
 
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.