ホーム
お問い合わせ
 ホーム木のページ木の耐久性
 
 強度
スギ板を同じ重さの鉄と比べた場合、縦方向では約4倍の強度があります。また、太くて厚い木は表面が燃えて炭化しても内部までは燃えず、有毒ガスも出しません。
 比重
木の重さは鉄の約1/10以下、コンクリートの約1/3以下と、とても軽い素材です。建物が重いと地震によって大きな振動エネルギーがかかるので、軽い方が強度面で有利になります。
 結露
木は鉄と比べると非常に結露しにくい材料です。結露が発生すると、木材の腐朽が心配されますが、木材には調湿機能があり、熱伝導率も小さく、一時的にですが湿気を蓄える能力もあるので、室内により多くの木材を使用することで、結露を起こしにくくします。
 経年劣化
コンクリート、鉄などの無機質な素材は、新しいときが一番強く、時間が経つにつれて弱くなり性能も低下します。それに対し、木は少なくとも100年~200年では強度が全く衰えないことが分かっています。また、ヒノキの場合は200年~300年の間は、強さが増していくというデータがあります。
 腐蝕
木材の腐蝕は、木材腐朽菌が発生・繁殖し木材基質を分解することで起きてしまいます。木材腐朽菌の繁殖は、酸素・水分・温度・栄養分の4つの条件が揃ったときに起こりますが、揃わない間は木が腐蝕することはありません。
 
木のページ
 
▲ページトップへ戻る
中央綜合建設株式会社
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町一丁目396番地
TEL:0894-62-0327 FAX:0894-62-0572 E-mail:csk@shikoku.ne.jp
個人情報保護方針 サイトのご利用について   Copyright(C)2015 Tyuou-sougou Construction.Co.,Ltd.All Rights Reserved.